シフト自由の飲食店

シフト自由の飲食店に転職するには

飲食店は時間帯によって忙しい時間帯と比較的暇な時間帯が有ります。その店の種類にもよりますが平日日中は比較的客が少なく、夕方から夜にかけて忙しくなる場合がほとんどです。その為多くの飲食店では忙しい時間帯に多くの人を雇おうとするため、シフトは自分ではなかなか決められない状況になることが多いものです。

その中でシフト自由な働き方をしたいと考えることは一見すると難しいと考える人が多いでしょう。また、店を経営する方としても忙しい時間にいてくれないと困るという人が多く、転職の条件をシフト自由とすることはその転職先を狭めてしまうと考える人は少なくありません。しかし、視点を変えれば、それは大きなチャンスでも有ります。

しかし、この様な飲食店の世界に於いても、自分でシフトを決められる様な働き方が有ります。それは、飲食店のアドバイザーとして転職することです。最近では飲食店も似たようなお店がたくさんあり、その中で生き残っていくためには戦略的な経営が必要になります。しかし経営者自らが自分の店の経営を放って他店のリサーチをするのはなかなか難しいものですし、

また忙しい時間帯は皆一緒のためリサーチをしなければいけない時間帯には自分の店の切り盛りで忙しいという実態が有ります。その為最近では経営アドバイザー的な社員を雇用し、その人間に他店のリサーチをさせている例が増えているのです。

経営アドバイザーと聞くとコンサルタントなどの資格を持ち、比較的高額なコンサルティング費用を取られてしまうものですが、そもそもそのようなアドバイスを欲しがる経営者はその時点で問題意識が高いので、リサーチする人材があればそのリサーチ結果をヒントに自ら改善ポイントを見つけることができる人が多いものです。しかし実際にはリサーチの手が足りないということで、リサーチする人材を求めているのです。このリサーチする人材はシフト自由にすることで自分の好きな時間にリサーチを行い、また平行して店の仕事も行わせることで効率よく仕事ができます。

飲食店の仕事は店の中だけが仕事ではありません。特に競争の激しい昨今では単に店の経営をしているだけではなく、その競争力を高めていくことが非常に重要です。その為転職に於いては自分の特技をアピールしその必要性を訴えることが大切です。転職において自分の好きな働き方をしたいと考えるならば、相手に対してその必要性と雇用する事の価値をしっかりと訴え、理解してもらうことが大切です。